REGZA-Z3 で bms2 を使って DLNA 環境を作る

以前 東芝 REGZA Z3 の mp4再生 について で記事にしたものの、あまり DLNA で動画再生していなくて、改めて DLNA で再生すると使い勝手が良かったのでその使い方。トランスコード(TVで再生できないファイルをエンコードして配信)を一切使用しないので、それ以外の話は詳しくない。

Rezga Z3 が DLNA 経由の bms2 でトランスコードなしで再生できるもの
  • .ts ファイル(MPEG2/AAC, H.264/AAC)
  • .m2ts ファイル(MPEG2/AAC, MPEG2/AC3, H.264/AAC)
  • .mp3 ファイル
  • .iso ファイル(ドライブにマウントすること:コピー制限のない MPEG2/AC3, MPEG2/LPCM)

Rezga Z3 が DLNA 経由の bms2 でトランスコードして再生するもの
  • .wav ファイル(砂嵐のような音がするだけ:DVD では再生できるので単体でも再生できるはず)
  • .mp4 ファイル(MP4 コンテナは非対応)
  • .iso ファイル(マウントせずに直接再生)

Rezga Z3 が DLNA 経由の bms2 で再生できないもの
  • 音楽CDをマウントしたもの(無圧縮音源)

クライアントは bms2(beer-media-server2) を使う。PMS(PS3 Media Server) のような Java は不要である。
beer-media-server2 - BEER Media Server 2 - Google Project Hosting

スクリプトは Signal Flag "Z": Beer Media Server 2のレグザ ZP2用スクリプトを修正しメディアの種類を増やしてみた を使用。common.lua はそのまま使用し、REGZA-ZP2.lua を .mp4 を .ts に mux し直してものを再生できるように少し書き換える。.ts ではなく .m2ts の場合は ffmpeg 単体の remux でもコーデックが対応していれば再生できる。つまり .mp4 の再生をトランスコード扱いにして -copy 指定をすれば .mp4 ファイルを予め remux する必要がなくなるのだが、うまく機能してくれない。

新しいスクリプト:Signal Flag "Z": BMS2用Luaスクリプト

167, 168行目に太字を追記
if minfo.Video.Format == "MPEG Video" or "AVC Video" then
if minfo.General.Format =="MPEG-TS" or "AVCHD" then

これで H.264/AAC な .ts と .m2ts ファイルも再生できるようになるのでコピー制限のない BD も再生できる。

次にスクリプトの優先順位を BMS_setting から変更する。プルダウンから設定したフォルダ名を選択し、追加、適用、OKを押す。
bms_setting.png

再生するフォルダ指定は bms.ini.txt を bms.ini に書き換えて、テキストエディタで開き

[MediaDirs]
TVでの表示名=フォルダのフルパス


[MediaDirs]
テレビ録画=E:\録画
エンコしたもの=E:\エンコ

のように書き換える。行頭にあるコメントアウトの部分を消すのを忘れないように。

REGZA Z3 は DLNA 経由では倍速再生できないので、トランスコードするときに倍速設定にすることで倍速で視聴できるようになる。PS3 では DLNA 経由でも倍速再生できるようだ。集中連載:PS3のDLNA機能 徹底攻略(2)主要4社の最新BDレコーダーと相性チェック! (1/3) - Phile-web

詳しくは:【ffmpeg】倍速再生できる動画にエンコードする

追記 2013/08/06
.m2ts の再生に関する追記
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ニコニコチャンネル始めました
ニコラボチャンネル
スポンサード リンク
新着記事と追記・編集記事
スポンサード リンク
ブログ内検索
プロフィール

Author:ロベルト
お問い合わせはこちらまで
robelt2525[at]gmail.com

中の人 @nico_lab
ブログ更新用 @blo_nico_lab

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリ
アクセスの多い記事
記事アーカイブ

最新コメント
リンク
ニコニコ静画
アニメカテゴリ毎時ランキング
免責事項
当ブログはリンクフリーです。記事によりトラブルが生じた場合でも、当ブログ管理人は一切の責任を負いません。 当ブログに記載されている情報の正誤や利用は、ご自身の判断でお願いします。 紹介したアプリケーションに関する問い合わせは作者に問い合わせてください。ニコニコ動画に関する質問はまずは公式掲示板、2ch、各Q&Aサイトを参照ください。
ブログの読者になる(RSS)
アクセス数