アップル、新動画形式「iFrame」を発表--「iMovie」アップデート版で対応 追記

CNET Japanから
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20401590,00.htm

 大半の企業と同様に、Appleは定期的にアプリケーション用のソフトウェアアップデートをリリースして、小さな問題を修正している。しかし、米国時間10月13日にリリースされた「iMovie」のアップデートでは、同社が開発を進めている最新のビデオフォーマットが公開された。

 「iFrame」と名付けられた新しいビデオフォーマットは、H.264ビデオやAACオーディオといった業界標準の技術をベースにしている。H.264という動画圧縮技術から予想されるように、iFrameは、動画の高い画質を維持したまま、従来のビデオフォーマットよりもファイルサイズを大幅に小さくできる。当然のことながら、ファイルサイズが小さくなれば転送にかかる時間が短くなり、動画ファイルの編集にも役立つ。



前回はmp3 HDを紹介したけど今回も普及するのだろうか?iPod関係に組み込まれるのは間違いないような気がするが、H.264と比較してエンコ速度、デコードの軽さ、エンコの設定、汎用性あたりで優位性を示せば普及の可能性があるかも?

けどFlash Playerで再生じゃなくてQuick Timeでブラウザ上での再生だろうからつべやニコ動などが取り入れないと大きく普及しないと思う。Divxがいい例で国産の動画投稿サイトでDivxを採用してるところってあるんだろうか?

追記
http://support.apple.com/kb/HT3905?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1255781575/

73 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 01:20:39 ID:vMyfVOaN
>>1の元記事書いた奴も含めてわかってない奴が多いから簡単に整理。

(事実)
・iFlameは「新動画形式」ではない。ファイルとしてはエンコードがH.264/AAC、ファイルコンテナはMPEG4(.mp4)、フレームレートは30fpsである。
・要はXactiで撮影する際の「960*540」という解像度のことを「iFrame」と呼んでいるだけである。
・「960*540」という解像度はiMovieの書き出しサイズ「大」で前から用意されていたものである(appleTV用)。
・実はiMovie 8.0.5内でiFrameという用語は、アップデートの説明以外、一度も使われていない。
詳細はこちら ttp://support.apple.com/kb/HT3905?viewlocale=ja_JP

(推測)
・タブレットMac(OSはiPhone OSかもしれない)と噂されている製品の解像度がiFrame相当かもしれない。

(感想)
・60fpsを採用しなかったのはちょっと意外だが、ファイルサイズと扱いやすさを優先したと思われる。
・Xacti以外でサポートされる可能性は低そうだ。


これを読むと新形式の登場かなと思ったけどそうじゃなかったみたい。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


楽天広告
ニコニコチャンネル始めました
ニコラボチャンネル
スポンサード リンク
新着記事と追記・編集記事
スポンサード リンク
ブログ内検索
プロフィール

Author:ロベルト
お問い合わせはこちらまで
robelt2525[at]gmail.com

中の人 @nico_lab
ブログ更新用 @blo_nico_lab

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリ
アクセスの多い記事
記事アーカイブ

最新コメント
リンク
ニコニコ静画
アニメカテゴリ毎時ランキング
免責事項
当ブログはリンクフリーです。記事によりトラブルが生じた場合でも、当ブログ管理人は一切の責任を負いません。 当ブログに記載されている情報の正誤や利用は、ご自身の判断でお願いします。 紹介したアプリケーションに関する問い合わせは作者に問い合わせてください。ニコニコ動画に関する質問はまずは公式掲示板、2ch、各Q&Aサイトを参照ください。
ブログの読者になる(RSS)
アクセス数