ニコニコ生放送 #今の生主は知らない まとめ の補足

Togetter - 「ニコニコ生放送 #今の生主は知らない まとめ」 続きを読むで外部プレイヤーで表示

多くの人が以前は順番待ちではなくクリックして長時間待ったというのが印象的だった。tweetに無かったのをいくつか加えると

  • ひろき君が生放送の市場をどの放送でも見ることができたのが2009年の2月半ばごろ。実はこれを広めたのは生放送をしている棒絵師。
  • 生放送のカテゴリがなかった。
  • ニコ生の総来場者数がニコ生のトップページに随時更新されていた。
  • リアルタイム来場者数がAPIで公開されていた。
  • エロゲ実況の規制が緩かった。音声はオフでメモ帳で隠したり。新作でも放送できた。
  • 公式アラートニコ生アラート(本家)の仕様)がなかった頃に新着放送通知はRSSだったが、放送数が増えるごとにβアラートのページ数が増えるごとにxmlを編集していた。
  • 放送開始がRSS通知の頃は2分くらい立たないと人が来なかった。
  • 今でもあるがロスタイムがどの放送でも3分くらいあった。長ければ10分を超えた。
  • ロスタイム中にコメントが下2桁が99になるとコメントできなくなった。
  • 放送コンソールが今より簡素でコマンドを打たないと変更できなかった。
  • 今みたいに公式生放送が毎日放送していない。
    過去番組一覧 - ニコニコ生放送
  • TSが始まった頃は公式生放送だけで、一般が1つ、プレミアムが5つまでだった。
    【ニコニコ生放送】タイムシフト機能を実装‐ニコニコインフォ

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ニコニコチャンネル始めました
ニコラボチャンネル
スポンサード リンク
Amazon はこちらから
新着記事と追記・編集記事
スポンサード リンク
ブログ内検索
プロフィール

Author:ロベルト
お問い合わせはこちらまで
robelt2525[at]gmail.com

中の人 @nico_lab
ブログ更新用 @blo_nico_lab

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリ
アクセスの多い記事
記事アーカイブ

最新コメント
リンク
ニコニコ静画
アニメカテゴリ毎時ランキング
免責事項
当ブログはリンクフリーです。記事によりトラブルが生じた場合でも、当ブログ管理人は一切の責任を負いません。 当ブログに記載されている情報の正誤や利用は、ご自身の判断でお願いします。 紹介したアプリケーションに関する問い合わせは作者に問い合わせてください。ニコニコ動画に関する質問はまずは公式掲示板、2ch、各Q&Aサイトを参照ください。
ブログの読者になる(RSS)
アクセス数