ffmpegに組み込まれたaacplus の特許について

aacplusを使えるようにしたffmpegを配布するのはダメだというのは聞いたことがあるが、それについて調べてみた。

aacplusのソースを公開しているサイト。HE-AAC+ Codec as Shared Library | tipok.org.ua より

It is possible to distribute these packages in three source forms:

  1. As a wrapper-only source (as you can download here or rebuild by make extradist).
  2. As a full source code including 3GPP code (as you can build by make dist) (this has a legal problems, see below).
  3. As a wrapper-only source accompanied by the original zip file (this may have a legal problems, too).

3つのソース形式のパッケージで配布できます。
  1. ラッパーだけのソース(ここでダウンロードしたものか、再ビルド出来る状態にしてextradistすること)
  2. 3GPPコードを含む全てのソースコード(自分でビルドできる状態にして配布すること)(これには法的な問題があるので以下を参照)
  3. オリジナルのzipファイルと一緒にラッパーだけのソース(これも法的な問題があるかもしれない)

よくわからない言葉は make extradist と make dist の違い。 dist は distribute(配布)の意味。

To use package compiled by this code, you may need a license from 3GPP.

このコード使ってコンパイルされたパッケージを配布するには3GPPからライセンスを必要とする場合がある。

Before you decide to distribute AAC+ packages, you should read following notes!
:

:

Short summary:

  1. Depending on law in your country, you may need a license for distribution, any use, commercial use or even development.
  2. You don't have permission to distribute the source code and attached .doc file.

AAC+パッケージを配布する前にこれらを読みなさい!
簡単にまとめると
  1. 国の法律によっては配布、あらゆる利用方法、商用、開発したりするのにライセンス契約がいる場合がある。
  2. ソースコードと添付してある.docファイルを配布できない。

最後の一文がよくわからないが、パッケージとして配布する場合にはソースも一緒に配布してはダメだということ?

そして、そのVIAライセンスの日本のサイトを見ると
Via Licensing -

AAC には使用料がかかりますか?
いいえ、使用手数料はありません。エンコーダまたはデコーダの販売に対してのみ、ライセンス料金をお支払いただきます。AAC でエンコードされたビットストリームの配信に関しては、特許ライセンス料金は不要です。放送、ネットワークでのストリーミング、物理的メディアでの提供など、配信形式は問いません。

Wikipedia では
Advanced Audio Coding - Wikipedia, the free encyclopedia

Licensing and patents

No licenses or payments are required to be able to stream or distribute content in AAC format.[36] This reason alone makes AAC a much more attractive format to distribute content than MP3, particularly for streaming content (such as Internet radio).[citation needed]

However, a patent license is required for all manufacturers or developers of AAC codecs.[37] For this reason FOSS implementations such as FFmpeg and FAAC may be distributed in source form only, in order to avoid patent infringement. (See below under Products that support AAC, Software.)

aacplusを使って配信したりそれでエンコードしたファイルの配布に支払いやライセンスはいらない。
aacplusやFAACを付けてビルドしたffmpegは配布できず、特許侵害を避けるにはビルド前のffmpegやFAACのソースだけ配布できる。

まとめ(間違っているかもしれない)

  • 自分でaacplus付きでビルドして個人利用するのはライセンス契約は不要。
  • 自分でaacplus付きでビルドして商用利用するのはライセンス契約が必要。
  • 自分でaacplus付きでビルドして配布するのはライセンス契約が必要。
  • 他人がaacplus付きでビルドしたのをダウンロードして個人利用するのは利用する本人はライセンス契約は不要だが、配布した人はライセンス契約が必要。

関連記事

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ニコニコチャンネル始めました
ニコラボチャンネル
スポンサード リンク
Amazon はこちらから
新着記事と追記・編集記事
スポンサード リンク
ブログ内検索
プロフィール

Author:ロベルト
お問い合わせはこちらまで
robelt2525[at]gmail.com

中の人 @nico_lab
ブログ更新用 @blo_nico_lab

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリ
アクセスの多い記事
記事アーカイブ

最新コメント
リンク
ニコニコ静画
アニメカテゴリ毎時ランキング
免責事項
当ブログはリンクフリーです。記事によりトラブルが生じた場合でも、当ブログ管理人は一切の責任を負いません。 当ブログに記載されている情報の正誤や利用は、ご自身の判断でお願いします。 紹介したアプリケーションに関する問い合わせは作者に問い合わせてください。ニコニコ動画に関する質問はまずは公式掲示板、2ch、各Q&Aサイトを参照ください。
ブログの読者になる(RSS)
アクセス数