東芝 REGZA Z3 の mp4再生 について

Z3/TOP|液晶テレビ|REGZA:東芝

TOSHIBA REGZA 42V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 42Z3 - amazon

ASCII.jp:REGZAの隠れた注目機能、新アニメモードはここがスゴイ!(前編)
ASCII.jp:REGZAの隠れた注目機能、新アニメモードはここがスゴイ!(後編)

DLNA に mp4 対応と説明書に書いてあっても実際はできない。USBフラッシュメモリやSDカードからの mp4動画は再生できる動画とできない動画があり調べてみた。

試したのは 42 Z3。Z3 シリーズならおそらく同じ仕様と思われる。

x264 の設定を色々調べた結果、プロファイルレベルで再生できる・できないに差が現れた。

実は間違っているかもしれない
  • high プロファイルなら 4.0レベルまでなら再生できる
    つまり 1080p 30fps まで:H.264 - Wikipedia
  • main プロファイルなら 5.1レベルまでなら再生できる
  • ref 制限なし
  • subme 制限なし
  • 動画と音声の尺の長さがほぼ同じ
  • 映像と音声が正しく mux してないと再生できないかもしれない
  • 動画をエンコード出力ではなくて、無劣化連結出力の場合に再生できないかもしれない
  • 60fpsまでのプログレッシブ再生が可能、可変fpsは再生できないかもしれない


追記 2013/07/19
価格.com - 『REGZA 42Z3 での動画再生(FLV)』 東芝 REGZA 42Z3 [42インチ] のクチコミ掲示板 より 854x480 の解像度の動画が再生できないのを確認。この解像度は Youtube や ニコニコのQバージョンの解像度として使われている。

関連記事
REGZA-Z3 で bms2 を使って DLNA 環境を作る

DLNA 経由で再生するメリットにわざわざ TV に USBフラッシュメモリを差し込まなくてもいいというのもあるが、アップコンバータ機能が DLNA だと有効に発揮するからである。

ASCII.jp:REGZAの隠れた注目機能、新アニメモードはここがスゴイ!(後編) (4/5)

住吉 ちょっと裏技に近いのですが、レコーダーで録画した地上デジタル放送を再生する際、HDMIではなく、DLNA経由でストリーミング再生してもらったほうが映像の品位が上がる場合があります。
開発者の口から、各設定項目の意味を聞くことで、アニメモードに対する理解が深まる

 これはアニメに限らず、すべての映像に当てはまるのですが、幅1440ドットの映像をREGZAの超解像処理を使って4/3倍伸長できるからです。3次元フレーム超解像技術など複数の超解像技術が効いてくるので、部分的な映像のチラつきを抑える効果などが得られたりします。



DLNA で動画再生する場合に ts 拡張子なら上の再生できる mp4 も再生できるので tsMuxeR で ts に mux する。GUI で mux できない場合はメタファイルを入力ファイルとしてコマンドラインから mux する。

メタファイル(input.meta)、アニメ動画の場合(H.264/AAC)
MUXOPT --no-pcr-on-video-pid --new-audio-pes --vbr  --vbv-len=500
V_MPEG4/ISO/AVC, "input.mp4", fps=23.976, insertSEI, contSPS, track=1, lang=jpn
A_AAC, "input.mp4", track=2, lang=jpn
A_AAC, "input.mp4", track=3, lang=jpn // 副音声がある場合


mux コマンド
tsMuxeR input.meta output.ts

tsMuxeR 1.10.6 - VideoHelp.com Downloads

フリーの DLNA クライアントは幾つかある。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ニコニコチャンネル始めました
ニコラボチャンネル
スポンサード リンク
新着記事と追記・編集記事
スポンサード リンク
ブログ内検索
プロフィール

Author:ロベルト
お問い合わせはこちらまで
robelt2525[at]gmail.com

中の人 @nico_lab
ブログ更新用 @blo_nico_lab

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリ
アクセスの多い記事
記事アーカイブ

最新コメント
リンク
ニコニコ静画
アニメカテゴリ毎時ランキング
免責事項
当ブログはリンクフリーです。記事によりトラブルが生じた場合でも、当ブログ管理人は一切の責任を負いません。 当ブログに記載されている情報の正誤や利用は、ご自身の判断でお願いします。 紹介したアプリケーションに関する問い合わせは作者に問い合わせてください。ニコニコ動画に関する質問はまずは公式掲示板、2ch、各Q&Aサイトを参照ください。
ブログの読者になる(RSS)
アクセス数